読み方:くりあげへんさいとじゅうたくろーんこうじょ
繰り上げ返済 には、毎月の返済額を変えずに返済期間を短くする「期間短縮型」と、返済期間を変えずに毎月の返済額を減らす「返済額圧縮型」がある。

返済額圧縮型の場合には、返済期間は変わらないので、住宅ローン控除の適用について問題はないが、期間短縮型の場合には、期間を短縮したがために返済期間が10年未満になってしまうことがあり、そのような場合には、10年未満となった年以後は住宅ローン控除の適用が受けられなくなる。

したがって、繰り上げ返済後も引き続き住宅ローン控除の適用を受けたい場合には、返済期間を考慮して繰り上げ返済の額を変えたり、期間短縮型ではなく返済額圧縮型を検討するなどの注意が必要である。